So-net無料ブログ作成
検索選択

アトピー完治への道

アトピーを完治して痒みがない快適な生活を送ろう!

 

過去ログページ

-| 2015年11月 |2015年12月 ブログトップ

温泉療法でアトピーフリー [アトピー 温泉]

アトピー皮膚疾患ですが、体内の様々な要素が絡み合って発症します。

東洋医学経絡で説明すると、腎経が弱まって免疫力の低下により、皮膚表面で炎症を起こすとも言われます。

全ての病気は多かれ少なかれストレスが原因ですが、特にアトピーはその要素がかなり強いです。

温泉には肌をすべすべにするだけでなく、内臓を良くする成分も含まれています。

身体がポカポカ温まり、血流や気の流れがスムーズになります。

ゆっくりと浸かっていると、日頃の疲れやストレスを癒してくれ効果的です。

アトピーとアレルギー体質について [アトピー アレルギー]

アトピー皮膚炎で悩む人は、とても多いです。

アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質に様々な要因が加わって発症します。

皮膚の異常は、皮膚のバリア機能が低下すると起きます。

アトピー性皮膚炎の患者は、乾燥肌でバリア機能が低下していることが多く、ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまいます。

健康な肌は、外部から病原体や異物が進入するのをブロックすることができますが、バリア機能が低下している肌は、病原体や異物をブロックできずに炎症を起こしやすいので注意が必要です。

アトピーは遺伝するのか [アトピー 遺伝]

赤ちゃんアトピーが遺伝したらと悩む人は多いです。

アレルギー体質は遺伝しやすい傾向がありますが、親がアレルギーだからといって100%子供もなるわけではありません。

アトピーがある子供の場合、親が何らかのアレルギーを持っているケースが79%、なんのアレルギーもないケースが21%でした。

遺伝しやすいことが分かりますが、他の要素によってアトピーになる子供も多くいることが分かります。

妊娠中であればバランスの取れた食事、出産後は保湿ケアをすることで重症化を防ぐことができます。

アトピーの薬の種類について [アトピー 薬]

アトピーというとステロイドが有名ですが、治療薬としては3種類あります。

塗り薬の1つにステロイドがあるのですが、過剰な免疫反応を抑えるものです。

飲み薬のタイプのステロイドもあります。塗るものだけでは抑えられないくらい悪化した場合に一定期間使用する場合もあります。

かゆみを留めるためのものや免疫を抑制するためのものなどもあります。

アトピーは皮膚乾燥した状態だと悪化するため、保湿剤を使ってうるおいを保つようにする場合もあります。

水分を補うものや油分で皮膚の水分蒸発を防ぐものなど、さまざまなタイプがあります。

いずれの薬も医師が診察して皮膚の状態を調べたうえで処方するものです。

自己判断で増やしたりやめたりすることなく、きちんと服用しましょう。
タグ: アトピー

アトピーの症状について [アトピー 症状]

ただの肌荒れなのかアトピーなのか判断するには、アトピー性皮膚炎の3つの特徴を知るようにしましょう。

アトピー性皮膚炎の場合、かゆみがあります。

風呂上りや眠る前、夜中など特にかゆみが強く、ストレスを感じる場面などにかゆみが激しくなるという方もいます。

特徴的な症状としては肌の乾燥、かきむしることにより赤くなり、更に弱い力で引っかいただけでも血がにじむようになります。

肌の状態は更に不安定になり皮膚の表面に体液がにじんだりただれてきたりします。

冬場だけ症状が出る人もいますが年中続く人もいます。いずれにせよ良くなったり悪くなったりを何度も繰り返すのも特徴のひとつです。

薬を使ったり、原因を解消することで治療につとめましょう。

アトピー性皮膚炎と漢方薬 [アトピー 漢方]

アトピー皮膚炎を、漢方薬で治したいという人が増えています。

漢方治療は、個人に対して行うので、同じアトピー性皮膚炎でも、処方が違うことがあります。

炎症がジクジクタイプであれば、消風散や越婢加朮湯が処方されることが多いです。ドライタイプの場合は、温清飲が処方されることが多いです。

アトピー性皮膚炎に効果があると言われるものは他にもあるので、先生とよく相談した上で自分に合った漢方薬を処方してもらうことが大事です。

アトピーと一言でいっても症状によって漢方の選び方が変わってきます。

乳酸菌がアトピーに効く? [アトピー 乳酸菌]

乳酸菌はお腹の調子を整えると言われています。

腸内に入った乳酸菌は、人間の身体に有益な働きをする善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やします。

善玉菌が腸内で増えると、便秘や下痢の解消といったほかに、免疫力をアップさせる働きがあります。

その結果、アトピー花粉症などのアレルギー反応が出るのを抑える効果があると言われているのです。

他にも腸は第二の脳と言われていて、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの生成を行ってうつ状態になるのを抑制する働きもあるのです。

アトピーの原因 [アトピー 原因]

大人のアトピーの原因としてストレスがあります。仕事や私生活での心の不調がアトピー性皮膚炎という形で現れるのです。

その場合、ステロイドやサプリメントなどは必要ありません。自分自身の身体の治癒力で改善するしかないのです。

仕事が忙しく不規則な生活や偏った食生活をしていると肌はダメージを起こします。

体を動かさないでいると健康な皮膚は作れません。常に緊張を強いられて呼吸が浅くなると身体の流れも滞ってきます。

原因を解決するには生活を変える必要がありますが、一気に変えることは難しいことであり、さらなるストレスの原因となります。

自分自身を追い込まずに少しずつ食事や生活習慣を変えていくようにしましょう。アトピーと向き合って原因をきちんと探っていくことが大切です。

なかなか治らないと嘆くかたもいますが、根気よく治療をすすめることも重要といえます。

アトピーの改善にヨーグルトを食べる [アトピー ヨーグルト]

アトピーヨーグルト、一見何の関係もないように思えます。しかし、ヨーグルトに含まれている乳酸菌が、アトピーの改善に効果があると言われているのです。

ヨーグルトには乳酸菌が含まれていて、便秘や下痢の解消に効果があると言われています。

この乳酸菌は腸内に届くと、人間の健康を保つ働きのある腸内細菌の善玉菌のエサとなります。善玉菌は腸内環境を正常化し、免疫力アップの効果が期待できます。

そのため、ヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取することで、アトピーや花粉症などの免疫力の低下が原因とみられているアレルギー症状の発症を抑える効果があると言われているのです。

一度にたくさん摂取しても意味はありません。毎日ヨーグルトを摂取し続けることが重要です。

-|2015年11月 |2015年12月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。