So-net無料ブログ作成

アトピー完治への道

アトピーを完治して痒みがない快適な生活を送ろう!

 

過去ログページ

アトピーにやさしい洗剤の選び方 [アトピー 治療]

アトピー性皮膚炎のお子さんがいる家庭では、食べ物や下着をはじめ様々な生活用品に配慮する必要がありますが、衣類を洗う「洗剤」もその一つです。

洗剤は繊維などに残留しやすく、敏感な肌に刺激を与えやすくなっています。

毎日使うものだからこそ、洗剤には添加物が入っていない物を選ぶことが大事です。

単に「無添加」とうたっているだけでは、製造会社によって基準が違うので、成分表をきちんと確認して、純石鹸分のみの製品を選ぶことをおすすめします。

アトピーで使用するステロイドについて [アトピー 治療]

アトピーの治療薬といえばステロイドが有名です。効果が高い反面、副作用も多いので使い方に注意しましょう。

ステロイドには強さの段階によって分類がなされています。

同じアトピー症状だからと病院で指定された部位以外のところに塗った場合、その部位には強すぎて副作用が現れるということもあります。

同じ部位でも症状の強さによっても使うものは違ってきます。

医師からの指示通りに使用する必要があります。

見た目で自己判断して治療を終了するのもやめましょう。

完全に治っていなかった場合、また悪化する可能性もあります。

治療薬の使用をやめたり違うものに替えたりは必ず医師の診察を受けてから病院で処方されたものを使うようにしてください。

アトピーには塗り薬がよく [アトピー 薬]

アトピー性皮膚炎には、ステロイド剤を使用した塗り薬や、ステロイドを使用していないものを塗るようになります。

同じように塗り薬といっても、使う部位により塗り薬に含まれるものにも違いがあります。

ステロイドが含まれているものは、炎症がひどいときには効果的なものです。

アトピー性皮膚炎になった人の年齢にもより、また、その症状にも人それぞれに違いがあるので、その人に合ったものを医師に相談をして使用することが望ましいです。

ステロイドの塗り薬を使い続けて、症状が軽くなってきたらワセリン+保湿剤が入ったものを処方してくれます。

あくまでステロイドは一時的にアトピー抑えてるだけなので、痒みが減ってきたら使わないようにしなければ依存してしまうからです。

アトピー性白内障って何? [アトピー 症状]

白内障といえば主に高齢者の眼病と思っている人が多いのではないでしょうか。

しかし若いうちにも発症するリスクがあります。しかもアトピー性皮膚炎と強い因果関係があるようです。

目がかすむ、視力の低下が起きるなどの症状が見られます。

アトピー性皮膚炎が顔に表れた場合にどうしてもかゆみで掻いたりしてしまい、その外的刺激から目の水晶体にストレスがかかって白内障を併発してしまうというものです。

アトピー性皮膚炎は幼少期から発症する例も多いため親としては心配ですね。

ともかくこういった病気はやはり予防することが一番大切ですので、定期的に眼科で検診を受けるようにしましょう。

アトピー体質の方の抜け毛予防の為に必要な事 [アトピー 症状]

アトピー性の抜け毛は、頭皮が乾燥する事によってバリア機能が低下する事で起こります。

間違った頭皮のお手入れで、悪化する事があるので注意が必要です。

とにかく、頭皮を清潔にしなければと思って、市販のシャンプーを使用して一日に何度も頭を洗うのはNGです。

市販のシャンプーには石油から作られる界面活性剤が成分として入っているものが多いです。

このようなお手入れをしていると、ますます頭皮を傷めて、抜け毛が増えてしまいます。

シャンプーは、界面活性剤を使用していない、天然成分のなるべく刺激の少ないものを使うか、もしくはぬるめのお湯でやさしく洗うだけにしましょう。

ドライヤーは使わずに、タオルで水分を拭き取ります。

アトピーの患者の頭皮のケアの方法 [アトピー 症状]

アトピーの症状は、頭皮の状態にも大きく係わっていることがあり、炎症や抜け毛などのトラブルを予防したいときには、定期的にシャンプーやクリームを使いながら対策を取ることが重要です。

アトピーの改善策の見つけ方については、初心者にとって把握しづらいこともあるため、同じ悩みを抱えている人や、かかりつけの医師などに相談をすることも大切です。

また、頭皮の適切なケアの取り組み方は、健康に関する雑誌などでも取り上げられる機会が増えています。

アトピー肌の人のあるあるとして、フケがボロボロと落ちてしまう状態になってることがあります。

スーツを着て仕事をする方は特に頭皮ケアをしっかりとしていきましょう。

アトピーのためのお風呂の入り方 [アトピー 治療]

アトピーの方にとって皮膚を清潔に保つためお風呂に入ることは大切です。

正しい入浴法でさらに症状改善に努めましょう。

温度が高すぎると皮膚への刺激が強くなります。

少し熱めに沸かしてお水で調整しましょう。

10分前後浸かってお肌をやわらかくし、自律神経を整えてあげましょう。

石鹸やシャンプー、入浴剤などアトピー用のものを選ぶようにして肌に負担がかからないようにしましょう。

ごしごしこするのではなく泡でやさしく洗いましょう。

アトピー体質は食べ物で変わる? [アトピー 治療]

アトピーによる辛い痒みに悩まされている方は、症状が悪化してしまうのは何としても避けたいと思います。

そして辛いかゆみを和らげるためには、薬を塗ったり、スキンケアや入浴に気を配ることが欠かせません。

食べ物に気をつけることも、症状を和らげるためには必要だと言われています。

ミネラルやビタミンなどの栄養が取れない砂糖や、刺激の強い香辛料などは控え、皮膚の生成に欠かせない良質のたんぱく質、特に納豆や豆腐などの植物性のたんぱく質と、ビタミンが多く含まれる緑黄色野菜を摂ることが一般的には良いとされています。

アトピーの赤ちゃんに気を付ける事 [アトピー 治療]

アトピーを持っている赤ちゃんにとって、気を付けるべきポイントとして、肌への刺激を避けるということがあります。

化学繊維を使った下着や洋服、添加剤を使った石鹸や、洗濯洗剤などは絶対に避けるべきです。

カラダを洗ってあげる際にも、なるべく皮膚をこすらないように泡立ててから、手のひらを使って優しく汚れを落とすように意識する必要があります。

保湿剤やクリームなどの成分にも、十分注意して使用するようにして下さい。

アトピー肌に日焼けは禁物 [アトピー 原因]

アトピー性皮膚炎は、肌が弱くアレルギーを起こしやすい人に起こる炎症です。

皮膚は外部からの物質の侵入を防ぎ、体内の水分蒸発を防ぐバリア機能を持っていますが、この機能が弱くなることで外部からの刺激が体内に伝わり炎症を起こします。

このことから、アトピーがある部分を長時間太陽にあてる日焼けは、体に良くない行為であると言えます。

紫外線は夏だけでなく1年中降り注ぎ、冬場でも影響があります。

このため日焼け止めや保湿クリームを塗布することは常に意識する必要があります。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。